僕の挑戦ノート

色々なライフハックや挑戦を赤裸々につづるブログ

あなたは大丈夫?4人に1人の睡眠障害を治すのは「光」です。光で睡眠力を高める方法まとめ

      2016/08/28

スポンサーリンク

テレビ「報道LIVEあさチャン」でやっていたことです。すごく参考になったのでまとめさせてもらいました。やばい。これ良さそう。やろうやろう。

あなたの睡眠の悩みは?

・夜寝付けない。
・朝なかなか起きれない。
・夜、よく起きてしまう。

今、日本人の4人に1人がこのような睡眠障害だと言われています。そんな睡眠障害はそんな場合も、「光」で治していくことが可能なようです。





朝に太陽の光をあびることが大事

渋谷区のお寺では、朝座禅が行われています。参加者は、「朝座禅をすることで夜にすぐ眠れるようになった」など、睡眠が良くなったとコメントしていました。

写っていたのは香林院です。
スクリーンショット 2015-08-29 07.38.12
(引用:下のリンクのwww.tokyodeasobo.comさん)
東京広尾で朝活座禅 – 東京で遊ぼう


光で睡眠を治療する施設も次々と

スクリーンショット 2015-08-29 07.32.34

キッズすいみんクリニック|東京睡眠医学センター (スリープクリニック)

こどもの睡眠治療施設で、夜泣きや不登校の対応をはじめ、お子さまの睡眠の悩みを抱えた方々のサポートを行っているそうです。

ここで行われている光の治療をみてみましょう。

写真は光治療。一定時間のこの光を医師の指導のものに浴びることで体内リズムを調節していきます。

施設

1週間ほどやると効果が出てきて、出ていた子供は午後まで寝ていたのが、朝起きられるようになったそうです。大人の治療もやっているそう。  

緑の光の話題のゴーグル「RE-TIMER」

「睡眠が細切れになってしまう。目が覚めてしまう。」そんな大人にも使えるのが、この緑の光を放つゴーグル。その名も「RE-TIMER」
ゴーグル

このゴーグルは光を用いて、体内時計を正常にする機能を持っています。本を読んだり、食事の時にも利用できます。ちなみに、以下のように普通に買えるものなので、症状がひどい場合は買うのもありですね。

Re-Timer 安眠をサポートするライトセラピーデバイス リタイマー [並行輸入品]

新品価格
¥59,800から
(2015/8/29 08:16時点)

光には体内時計を調節する作用がある。あびるタイミングが大事。

睡眠は、光を浴びないとどんどん時間帯がずれていきます。遅く遅くなっていきます。それを毎朝、陽の光を浴びることで体内時計が修正され、睡眠時間が同じになります。体内時計を正常に保つことが大事なんですね。

睡眠のズレは、若者と高齢者ではまったく違う

睡眠障害の傾向は年齢によってちがってきています。若者や中年までは、朝起きられない。高齢者は朝目覚めてしまう。という悩みがあるそうです。
linecamera_shareimageなき



それぞれに適切な光の対処は違っていて以下のようになります。

朝起きられない若者〜中年

・起床後のカーテンは開ける
・夜のTV/PCは避ける
・朝の散歩は積極的に

早朝に目が覚めてしまう高齢者

・起床後のカーテンは開けない
・夜のTV/PCは OK
・朝の散歩はほどほどに(帽子で光を遮る)

linecamera_shareimage

まとめ

光で体内時計を調節することが、睡眠を良質にする唯一の方法

光で調節する方法はいくつかある。生活の中で、朝日を浴びたり、光を用いた道具・器具を用いたり、外来に行ってみたりできる。

 器具としてこんなのもあります。
  ・目覚め快適!最先端プレミアム光目覚まし時計inti



自分の症状にあった適切な光との付き合い方をする。

以上の3点が大事なのかなと思います。光とうまく付き合い自分の生活リズムを作ることが健康にもつながるでしょう。